ドモホルンリンクル『買ってはいけない』は本当?

買ってはいけない

以前話題になっていた「買ってはいけない」という本の中に、ドモホルンリンクルが出てくるのをご存知ですか?わたし自身読んだ時にびっくりしてしまったんですが、ここに書かれている内容をそのまま信じてしまった人も多くいると思います。実際はどうなのか、直接ドモホルンリンクルに聞いて真相に迫っていきたいと思います(`・ω・´)

 

ドモホリンクルが「買ってはいけない」といわれる理由

「買ってはいけない」という本の内容に、ドモホルンリンクルのことがこの様に書かれています。

ドモホルンリンクル【薬事法違反の催眠化粧品商法】
犯罪的なドモホルン商法。基礎化粧品類を毎日使用すると、皮脂分泌が衰え、慢性的に肌がかさつくようになる。また、合成界面活性剤を使用しているので、皮脂膜バリアを溶かして破壊する。お手入れではなくお手荒らしです。
引用元:http://ameblo.jp/iynx/entry-11842970193.html

要約すると、
@ドモホルンリンクルを毎日使用すると、皮脂分泌が衰え、慢性的に肌がかさつくようになる。A合成界面活性剤を使用しているので、皮脂膜バリアを溶かして破壊する。と2つのことを言っています。これは本当なのでしょうか?

 

 

ドモホルンリンクルは、肌がかさつく?合成界面活性剤使ってる?

ドモホルンリンクルに電話して直接聞いてみました!

 

買っていけないという本に、ドモホルンリンクルを毎日使用すると、皮脂分泌が衰え、慢性的に肌がかさつくようになる。合成界面活性剤を使用しているので、皮脂膜バリアを溶かして破壊する。という記載がありました。これは本当ですか?


 

それは嘘です^^;
ドモホルンリンクルに限らず基礎化粧品を毎日使うことで、皮脂が衰えるというのは考えにくいと思います。ですので皮脂分泌が衰えたり、慢性的に肌に肌がかさつくようになることはありません。

 

あとドモホルンリンクルは、そもそも界面活性剤は一切含まれておりません。界面活性剤の代わりに、水と油を混ぜるため乳化の役割として、大豆レシチンを配合しています。


 

じゃあ全くのデマなんですね^^;
でもその界面活性剤の代わりに使われている大豆レシチンは、添加物ですか?


 

自然由来のものです。
そしてお肌への安全性を確かめた成分です。


 

そうなんですね!安心しました。
ではドモホルンリンクルでは、一切添加物は使っていないということですよね?


 

安全性が確かめられたもののみで作られています。ただ自然由来のものでないものも、一部含まれています。例えば「泡の集中パック」に含まれるLPGと呼ばれる発泡剤や、保湿や抽出溶媒としてBG、「光対策 素肌ドレスクリーム」の紫外線防止効果のために「酸化鉄」「酸化チタン」が使われています。自然由来ではないですが、すべて安全性が確かめられ一般的な化粧品にも広く使われている原料なので、ご安心頂けたらと思います。


 

一般的に使われている成分なんですね。じゃあそんなに気にする必要ないということですね!安心しました。ありがとうございます^^


 

はい!もちろんでございます。どうぞご安心くださいませ^^またわからないことがあればいつでも聞いてください!

 

では、失礼します〜。


 

という感じでした。

 

結論としては、
ドモホルンリンクルを使って皮脂分泌が衰えたり、慢性的に肌がかさつくようになることはない。合成界面活性剤はそもそも使われてなく、皮脂膜バリアを溶かして破壊することはない!ということですね^^誤解がよけてよかったよかった。もし『買ってはいけない』を読んで心配していたのならば、安心して良さそうです^^

 

 

『買ってはいけない』という本に対する疑問

なぜ根も葉もない噂で、『買ってはいけない』にターゲットにされてしまったのかを考えてみました。やはりドモホルンリンクルといえば圧倒的な知名度があるからではないでしょうか?ただドモホルンリンクルの知名度が高いのは、テレビCMで有名だからではないでしょうか。

 

有名女優さんを起用するわけでもなく一般の女性を使うことで親近感が生まれますし、若い人にとってはテレビやネットでいつの間にか知っていたという人も多いはずです。

 

でもそれだけ知名度が高くCMがバンバン流れていればアンチユーザーも出てきてしまうこともありますし、そんな中で「買ってはいけない」と言い出す人がいてもおかしくありません。更にドモホルンリンクルが優秀な効果を表わす化粧品だったとしても、人の肌は千差万別です。中には肌に合わなかったという人がいる方が自然ですね。

 

 

結果、「買ってはいけない」に信憑性はない。

今回の取材でドモホルンリンクルを使っても、皮脂分泌が衰えたり、慢性的に肌がかさつくことはない。そして合成界面活性剤を使用していないこともわかりました。

 

ということは全く事実と異なることを書いてしまっているので、「買ってはいけない」という本は内容にはほぼ信憑性もないことが分かりました。もちろんこの本を否定するわけではありません。ひとつの参考して見るのはいいかもしれませんが、やはりきちんと調べて正しい内容を書いて欲しいものですね。

 

ドモホルンリンクルに限らず、「買ってはいけない」という本に書かれていることを全て鵜呑みにすると、世の中に売られているものは何も買えなくなるような内容のようです。実際にこの本に関する批判ブログやサイトを調べてみたところこんな意見がありました。

 

・この本には科学的な間違いが非常に多く見られる。成分をいい加減な知識だけで混同したり決めつけたりしている。
・日常生活ではありえない量を摂取しないと毒性が現れない物質を取り上げて、批判している。

 

このいい加減な知識というのが、ドモホルンリンクルの界面活性剤にも繋がります。多量摂取すれば影響はでるであろう部分をピックアップして「買ってはいけない」と言っているのですね。とはいえドモホルンリンクルは界面活性剤自体を使っていないので、それ自体が間違っているんですが^^;

 

 

ドモホルンリンクルは本当に買ってはいけないのか?

正直、わたしはそうとは思いません。もちろんドモホリンクルだから、絶対に誰にでも効果があるというものではないと思います。人によって感じ方は違います。でも無添加で肌に優しく作られていて、肌本来のチカラを引き出してくれるのがドモホリンクルです。

 

本来の肌質を大きく変えるのではなく、元々若かった頃の肌に近づけるようなイメージでわたしはいます。そんなドモホリンクルを買ってはいけないというのは、どうなのかなーと思ってしまいます。

 

疑う目を持つことは大切ですが、全てを否定するには疑問を感じてしまいますね。情報だけを鵜呑みにして批判するよりも、まずはきちんと正しい情報を得て、自分で試してみてから判断するのがいいと思います。

 

そのための無料お試しセットです。真実を知るためには、実際に自分の肌で試してみるのが1番ですね^^