Lアスコルビン酸とは?ドモホルンリンに配合商品は?

Lアスコルビン酸

 

「Lアスコルビン酸」は健康食品にも多く含まれていて、肌や身体に優しい成分です。ドモホルンリンクルの商品にも使用されている「Lアスコルビン酸」について紹介していきます^^

 

ドモホルンリンクルの無料お試しセットがすごい!

ボタン

 

 

Lアスコルビン酸とは?

Lアスコルビン酸=ビタミンC

「Lアスコルビン酸」とは、別名「ビタミンC」です。ブドウ糖からできていて「グルコース」を原料として作られている成分です。身体に必要な「ビタミンC」は身体の中の酸化を防いでくれることで健康的な、身体づくりのお手伝いをしてくれる今注目の美容成分です(*´▽`*)

 

Lアスコルビン酸を多く含む商品

健康食品や飲み物など栄養をたくさん含んでいるドリンクや、肌に直接つける薬や美容液に含まれています。また粉末でドリンクに溶かして飲むタイプのものも販売されていて、Amazonでも簡単に購入できます。

 

 

これは私が肌がピカピカな友人から紹介されて愛用している「Lアスコルビン酸」です。酸っぱいんですが、効いてるなぁ〜っという実感があります^^

 

≪Lアスコルビン酸とアスコルビン酸はどう違うのか?≫
アスコルビン酸という成分もありこちらもよく耳にしますね。

 

同じく「ビタミンC」ということには変わりませんが、アスコルビン酸は「Lアスコルビン酸」とは少し使用用途が違い、飲み物や健康食品の酸化防止剤として使われることが多いです。
飲み物や食品を開けた時に既に「アスコルビン酸」が酸化してしまうので、身体に取り入れる前に「ビタミンC」は消えてしまいます。

 

つまり酸化防止剤として食品に添加されるビタミンCは消費者の口へ運ばれる前に、既に酸化しています。

 

酸化したビタミンCを体内に入れると、今度は還元作用が働き、体内の電子が奪われ活性酸素が発生し体を傷つけてしまうんですね^^;なので一緒に思われるかもしれませんが、Lアスコルビン酸とアスコルビン酸は違うものという認識をしておきましょう。

 

アスコルビン酸を多く含む商品

菓子パンやお茶、炭酸飲料などの開封してから酸化を防ぎたい商品に使われています。サプリメントやスポーツ飲料、ゼリーなどにも含まれています。

 

 

Lアスコルビン酸の成分について

ドモホルンリンクル

 

「Lアスコルビン酸」は身体に内側から入れてもいいので、美作りにもおすすめです^^

 

血管の強化

血管を強化することによって動脈効果を予防することができます。高血圧の方にいいです。また血流悪化の予防を行うことができます。タバコを吸っている方は、血の流れが悪くなりがちなのでおすすめですよ♪

 

免疫力をあげる

身体の免疫力をあげることができるのでウイルスを入りにくくしてくれるので、風邪を引きにくくなります。免疫力が上ることで起きやすい病気を防ぐこともできます。また風邪をひいた時も「Lアスコルビン酸」を摂るいいです。

 

骨の発育を補助してくれる

タンパク質の生成を促してくれることによって、骨の発育を補助するので老化によって弱ってくる骨を健康に維持してくれます。また、カルシウムの吸収のあがるので骨折した時も怪我の治りが早くなります。合わせてタンパク質の多い食事を摂るとより効果を発揮できます。

 

抗酸化作用がある

身体に余分に入りすぎた酸素を酸化させないようにする「抗酸化」の作用があります。身体が酸化してしまうと生活習慣病を引き起こしやすいと言われているので予防として取り入れられることも多いです。

 

副腎の働きを促進して疲労回復

副腎の働きを促進してくれるので、ストレスを緩和してくれる鉄分やマグネシウムなどの身体によい栄養の吸収を高めてくれます。疲れた身体の回復してくれて、栄養ドリンクに「Lアスコルビン酸」が多く含まれているのも納得がいきますよね。

 

 

ドモホルンリンクルでの「Lアスコルビン酸」

ドモホルンリンクル

 

身体にいい「Lアスコルビン酸」ですがドモホルンリンクルの商品も取り入れられています。ドモホルンリンクルは、自然から取れた優しい素材を利用しているので肌が敏感な方でも安心して利用することができます。

 

メラニン色素の生成を抑えてくれる

日焼けやシミ、ソバカスの原因となる「メラミン色素」の生成を抑えてくれる。美白肌を目指している方や日焼けに悩んでいる方には嬉しいですよね。日焼け止めと合わせることで日焼け対策をバッチリ行えます。

 

相乗効果がある

「長白参」をはじめとした漢方を多く含んでいるドモホルンリンクルですが、「Lアスコルビン酸」は「ビタミンC」と同じなのでドモホルンリンクルで用いられている材料や漢方との相乗効果を引き起こします。単体だけでは引き出せなかった肌へのよい変化があります。

 

その結果肌をぷるぷるに保つことができる「コラーゲン」を生成するするので、通常の無添加より2倍のコラーゲンを得ることができます。

 

皮膚に吸収されやすい

「Lアスコルビン酸」は「ビタミンC誘導体」と似た効果があり、美容成分を皮膚に吸収されやすくなります。浸透力があがるので肌をいつまでもみずみずしく保ってくれます。

 

肌に透明感を出すことができる

傷ついた細胞の活性酸素を除去する効果があるので肌のくすみをとってくれて、透明感を出します。透明感が出ていると肌が綺麗に見えます。肌に透明感が出るとメイクのノリもよくなって、若く見せるのでおすすめですよ♪

 

≪配合されているドモホルンリンクルの商品≫
ドモホルンリンクルの商品の中で使われているのは「美活肌エキス」です。自然から取れる「馬鈴薯」が使用されています。また「アスコルビン酸」が含まれている「泡の集中パック」には「トウモロコシ」が使用されています。

 

「ビタミンC」をたっぷり肌に吸収しやすくしてくれる「Lアスコルビン酸」は、ドモホルンリンクルの商品は「無料お試しセット」によって試すことができます。

 

「ビタミンC」が不足がちな現代人におすすめです(*´▽`*)

 

まずは無料お試しセットで、肌チェック!

 

関連ページ

ドモホルンリンクルの成分は危険?解析結果と成分表まとめ
ドモホルンリンクの成分は本当に安全なもののみで作られているのか?成分表や解析結果をまとめてみました(`・ω・´)
デキストリン
デキストリンには女性に嬉しい変化が沢山♪デキストリンの成分や、配合されている商品など詳しくお話ししていきます^^
副作用はあるの?
ドモホルンリンクに副作用はあるのでしょうか?噂の真相を体験談と取材を元に真相に迫っていきたいと思います(`・ω・´)
ステロイドは使われているの?
ドモホルンリンクにステロイドが含まれているという噂を耳にしました。気になって調べたところ、ドモホルンリンクルにステロイドは含まれていません。ではなぜそんなデマが流れたのか?その真相に迫っていきます(`・ω・´)
漢方由来の成分まとめ
ドモホルンリンクに使われている漢方由来の成分とは何なのでしょうか?それがどういう効果があるのか?など詳しくお話ししていきます。
ドモホルンリンクルのコラーゲンってどこが凄いの?
ドモホルンリンクルのコラーゲンのスゴイところ、どんな成分が含まれているのかなど、詳しくお話ししていきます(`・ω・´)
パラベンは使われているの?
ドモホルンリンクにパラベンが使われているという噂がありますが、これは全くのウソです。その噂の真相に迫っていきます。
不知火菊
漢方として使われてきた不知火菊。とても貴重な植物ですが、エイジングできると今注目を集めています。不知火菊が配合されている商品を詳しくご紹介します^^
党参
漢方でよく使われてる党参が、ドモホルンリンクルに使われている理由など詳しくお話ししていきます(`・ω・´)
長白参エキス
漢方の長白参は、なぜドモホルンリンクに配合されているのか?成分など詳しく迫っていきます(`・ω・´)