ドモホルンリンクルvsノエビア!特徴や効果を比べてみました。

ドモホルンリンクル

 

30年以上の販売実績のある基礎化粧品「ノエビア」と、ドモホルンリンクルはどちらがいいのか?効果や成分を比較しました!基礎化粧品を変えてみようかなと悩んでいる方は参考にしてみてくださいね^^

 

まずは無料お試しセットで、肌チェック!

ボタン

 

 

ノエビアとは?気になる特徴について

ノエビアもドモホルンリンクルと同様に年齢肌にアプローチしてくれる化粧品です。最新の皮膚化学と、研究され尽くした植物のよい成分をたっぷり含んだ自然派の基礎化粧品や、ヘアケア、ボディケア、サプリメント、コスメなど身体をケアする商品を中心に販売しているメーカーです。そんな「ノエビア」の気になる成分についてチェックしてみましょう。

 

安全性にこだわって作られている

肌のスキンケアに対して不要なものを排除しているので安心して使うことができます。また1品、1品テストを繰り返して厳しい試験を行っているので不純物の一切入っていない安全性の高い基礎化粧品を使うことができるところも特徴です。

 

 

天然由来の成分が含まれている

植物の他にも皮脂の成分を研究して含まれた脂肪酸、ミツロウ、ホホバ油、スワランの4種類の成分が入っています。また、水と油分を皮脂の膜に近く混ぜるために必要な「乳化」という作業の際に肌の中に元々存在している脂肪酸やアミノ酸を使うことで、肌により浸透しやすくなります。

 

 

得られたい効果によってシリーズが選べる

基本の「ノエビア99+」やアンチエイジング効果がある「ノエビア505」だけでなくピュアな素肌を作れる「ノエビア80」や美白効果を得ることが出来る薬用シリーズ「TOUTBLANC」など自分のなりたい肌に合わせてシリーズを選ぶことができます。

 

他にもメラミン生成を防ぐことができる「BIOSIGN」夜専用の「バイオサイン」。日中目元に使うことができる「ピンアップ」など単体で使えるシリーズも販売されています。

 

 

ノエビアの成分

研究した植物は2300種類!こだわりの植物の成分を配合しています。1982年より30年以上、よりより植物を徹底的に研究しよいものだけを基礎化粧品に取り入れています。日本国内の植物から世界の秘境にしかないと言われている珍しい植物までも採取。植物の力を徹底的に活かした身体にも優しい成分がこだわりです。「ノエビア 505」にはイチョウやカモミール、カワラヨモギなどの選び抜いた26種類の保湿成分を含んだ植物エキスを配合しています。

 

 

ノエビアの効果は?

実際に「ノエビア」を使用すると肌に得られる効果について紹介します。シリーズによって得られる効果は違うので、使う際は効果をしっかりチェックしましょう。

 

肌への高い保湿効果が得られる

「ノエビア99+」ではカプセル化の中にたっぷりと植物エキスを含んでいて、角質の中で割れることで素肌の上から角質までしっかり保湿成分を染み込ませることができます。乾燥肌の方や、乾燥が原因による肌トラブルのケアを行うことができます。また、肌自体が持っているうるおいを作る力をサポートする成分の水酸化レシチンやセラミドも含まれています。

 

アンチエイジング効果がある

加齢と共に起きる肌の老化や紫外線の外部要因を防ぐことができるアンチエイジング効果があります。「薬用エンリッチローション」は、本来の植物エキスを2倍以上含んでいてさらに水分をたっぷり溜め込み天然のヒアルロン酸と言われている「シロキクラゲ」を含んだ化粧水になっています。乾燥から置きやすいシミやシワなどをしっかり防ぐことが出来るので人気があります。

 

美白効果がある

生活をしていると自然に浴びる紫外線は肌トラブルの原因になります。メラニンの生成プロミスに包囲網をかけることによって綺麗な白肌を作り出すことができます。美白効果は「TOUTBLANC」は薬用なので、敏感肌の方にも使いやすくなっています。「ブランナノサイズエマルジョン」といった全方位美白を加速させることができる成分を含んでいるので日焼けが気になる方や、美白になりたい方にはかなりおすすめのシリーズです。

 

 

ドモホルンリンクルとノエビアの比較

ドモホルンリンクル

 

ドモホルンリンクルと「ノエビア」との比較を行っていきます。ドモホルンリンクルは、お試しセット「ノエビア」は店頭にて実際に商品を試すことが出来るので迷った方はどちらも試してみて選ぶのがおすすめです。

 

価格の比較

ドモホルンリンクルは化粧水、乳液からクレンジングオイル、洗顔まで基本のケアを行うことができるセットとして8点で約65000円です。一方「ノエビア」の基本の「ノエビア99+」ではクリームやパックなどを含んだ5点が約26800円となります。エイジングケアができる「ノエビア505」は3点セットで約60000円とドモホルンリンクルとあまり変わらない価格です。価格で比較すると「ノエビア99+」が一番安いです。

 

 

同じ植物成分が含まれている

「ノエビア」、ドモホルンリンクルどちらにも選び抜かれた植物成分のエキスが含まれています。中でも肌にツヤを与える効果がある「甘草」「ユキノシタ」や肌をやわらげる効果がある「ウコン」、肌を清潔に保つことができる「カワラヨモギ」「ニンジン」「チョウジ」や肌の乾燥を防ぐ「サトウキビ」保湿油分がある「カミツレ」などはどちらにも含まれている植物成分になります。

 

 

肌への浸透、高い保湿力は同じ

肌の表面だけでなく、油分とのバランスを整えて内側からうるおいを与えることができる浸透力、翌朝になっても肌がもちもちとした柔らかい状態にキープできる高い保湿力はどちらも同じです。また、肌に活力を与えることで本来持っている肌の力を引き出すことができる点も似ています。

 

 

ドモホルンリンクルと違うところは漢方が含まれていない

ドモホルンリンクルは、漢方を組み合わせることによって肌へのケアを行うことができる基礎化粧品ですが「ノエビア」は植物エキス、自然から摂れるエキスなどを中心に作っているので漢方は含まれていません。

 

 

ノエビアもドモホルンリンクルも、年齢肌が気になる人におすすめ

両方うるおいを角質から浸透させることができるエキスを含んでいるので、乾燥肌が気になる方や乾燥によって起きる肌トラブルに悩まされている方に向いています。またうるおいを足すことでアンチエイジングもできるので、年齢肌が気になっている人にもおすすめです。

 

 

さっぱり系の化粧品が好きな方には、ノエビアは向いていない

肌ののせた時にとろりとした感じより、さっぱりと肌にのせることができるタイプの基礎化粧品が好きな方には「ノエビア」は向いていません。
うるおいを足しすぎることによって、皮脂が出るのが気になる方は皮脂サポートをすることができる「ノエビア80シリーズ」がおすすめです。

 

 

ノエビアとドモホルンリンクルどっちがいいの?

系統が一緒の化粧品ですが、値段には大きな違いはありません。そうなった時に大事なのはやはり『効果』ですよね。効果を比べるとやはり漢方も含まれているドモホルンリンクルの方が効果は高いと思います。

 

ただ肌に合う合わないがあると思うので、両方試してから決めるというのが良いと思います。「ノエビア」は店頭にてカウンセリングも受けることが出来るので、どの種類を購入していいかわからないという方にもおすすめです。ドモホルンリンクルは無料お試しセットで気軽に試せますよ(*´▽`*)

 

まずは無料お試しセットで、肌チェック!

ボタン

ドモホルンリンクルの口コミはこちら>